「動く人工島 L'Île à hélice」ジュール・ヴェルヌ

16,000円(税込17,600円)

在庫状況  1

フランスのSF作家ジュール・ヴェルヌの科学小説です。

内容
フランス人の弦楽四重奏団の4人はアメリカ巡業中に、謎のスタンダード島政府の手によって島に連れてこられた。
スタンダード島は当時最高の科学技術を使って作られた人工島であり、海の上を移動することができたのだ。
4人を賓客として迎え、島は南太平洋への航海に乗り出す。
南洋でのさまざまな出来事、科学技術の粋を活かした理想都市の姿、その島内での2つの党派による対立などが描かれる。

特徴
ヴェルヌ後期の代表作で、生家のあったロワール川の中州の島と生涯あった冒険精神が融合した傑作とされる。
また、他の作品にはあまり見られない特色として、党派の対立が描かれている点がある。
ヴェルヌが作品に政治的な思想を入れることは珍しいことではない。
ここで党派の対立が描かれた背景には、1883年アミアン市の左派の市議会議員となったことと関連があると考えられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


サイズ 約28cmx約18.5cm 厚み約3.5cm
全423ページ
著者 Jules Gabriel Verne
フランス語
発刊年 1895年

古い年代の書籍になりますので、ところどころにシミや折れ、
ごく小さな穴、汚れがございます。画像でご確認ください。
また画像では確認できない箇所に傷や汚れが生じている場合もございますので、
コンディションに特に神経質な方にはおすすめできません。
年代の割にはまずまずのコンディションかと思いますが、
なにぶん古い年代の書籍ですのでご理解いただけるようお願いいたします。
モニターによる多少の色の違いはご考慮願います。

カテゴリーから探す