コインパース/シャトレーン

10,000円(税込11,000円)

在庫状況  1

口金に花が描かれたコインパースです。
中に仕切りが1つついています。

シャトレーンは、18世紀から19世紀初期にかけて流行した
時計や鍵などの身の回り品を携帯するために腰から下げていた装身具です。
ベルトなどにフックをかけ、その先のチェーンに吊り下げて、腰に下げて使用していました。
時計や鍵だけでなく、ソーイングキットや、コインケース、ノートやペンなど身の回りの必要なものを下げて使われていました。
こちらのコインパースもシャトレーンにつけれるように、カンがついています。

口金はパチンと閉まりますが、1mmも満たないほどですが若干遊びがありますので、画像でご確認ください。

フランス、1900年代初頭
シルバープレート

<サイズ>
横約5cm、縦約8.2cm

*長い時間の中を旅してきた商品ですので、傷や汚れ、凹み等があります。
画像でご確認ください。また画像では確認できない箇所に傷や汚れ、凹み等が生じている場合もございますので、新品のコンディションをお求めの方や、コンディションに特に神経質な方にはおすすめできません。
年代の割にはまずまずのコンディションかと思いますが、なにぶん古い商品ですのでご理解いただけるようお願いいたします。

*光源やモニターによる多少の色の違いはご考慮願います。

カテゴリーから探す