Armillary Sundial/天球儀型日時計瓮潺縫ラスドーム入り完成品/ものづくりの部屋

AS

2,600円(税込2,860円)

在庫状況  1

1900年代初頭に、イギリスのSF作家であるH.G.ウェルズによって書かれた爛織ぅ爛泪轡鶚瓠
その原作を基に製作された古典映画の中で、タイムトラベルのシーンに登場する“天球儀型日時計”のミニチュアです。
高さ4センチの小さな作品ですが、存在感があります。
日時計の針の部分の太さは、0.3ミリほどです。

※実際に時間を測ることは出来ません。

ガラスドーム入りのオブジェです(組み立て不要の完成品です)。
オブジェは真鍮製です。
カン付きキャップが付属しており、ガラスドームの上部に接着していただくとつり下げることも可能です。
接着は、透明エポキシケイボンドなどで接着してください(ボンドは付属しておりません)。

<サイズ>
直径約2.5cm、高さ約3.8cm

<オブジェについて>
実際に博物館にあるモチーフや、そこから発想してイメージした
少し不思議なものなどをミニチュア化しています。
実際にある物体を、忠実にミニチュアとして再現するのではなく、
エッチングという手法が得意とする線的な要素を効果的に用い、
あくまでも自分が美しいと思うイメージの中のフォルムにこだわっています。

<エッチング技法>
真鍮や洋白の金属板を、一定の時間、腐食液(塩化第二鉄水溶液)に浸すことで、
目的の形状を得る技法。
もともとは、銅版画や、銅版印刷の技法で、
浸す時間を調整して、完全に貫けるところまで調整したもの。

※光源やモニターの画面による多少の色の違いはご考慮願います。

カテゴリーから探す